window-2651303_640



がらすです。


このブログ『 がらすのまど 』では


男女のパートナーシップについて


がらすが日々心掛けていることを発信していきます



がらすの過去


20代半ばで結婚

 

その後長男を授かり僕は夫として仕事により一層打ち込みます。

 

実際仕事でも結果が出て、収入も年々増加

 

これで良いんだと、その当時は思っていました。

 

当時は出張で年間100日以上、家に帰らない生活でした。

 


仕事が忙しいことを理由に

 

家事や子育てを妻に任せっきりにしてきました。

 

妻も子供も大好きなので

 

出来る限り週末は家族との時間を作りますが、

 

リカバリーしきれなかったのだと思います。

 

徐々に妻も疲弊し、ある日限界を迎えます。



 

互いにどう伝えれば相手に伝わるのかを

 

深く考えずに話していました。

 

お互いが異性の思考の違いに気づかず

 

「言いたいこと」を投げていたのです。




 

僕はド男性脳、妻はド女性脳

 

今思えば全く伝わってなかったのです。

 

なぜこんなにも言いたいことが伝わらないのか?

 


僕は

 

察する力が妻より弱いため

 

妻の感情をくみ取れきれない

 

また論理的に話すため

 

妻の感情に共感しきれなかったのです。

 



一方妻は

 

伝えたい事があっても僕ほど論理的に説明できず

 

僕は理解しきれなかった。

 

さらに女性特有の拡大思考で

 

マイナスの感情が

 

どんどん深みにはまってゆく

 

このスパイラルに落ちていってしまったのです。

 


この悩みは一緒に男性脳と女性脳のしくみ

 

理解しあうことで解決に向かいました。

 

男女の思考法のクセを互いに理解し

 

相手にきちんと伝える為に、

 

工夫して伝える努力を始めました。

 

 

 

今では互いに

 

「その言い方女性脳的だよね、

 

もう少し論理的な方が僕には伝わりやすいよ」

 

「私はこう言ってくれた方が、

 

共感してもらえてる気がしてうれしい」

 

などと指摘し合いながら

 

コミュニケーションをとっています。




こんな離婚直前までの状態ではないにしろ

次のような経験はだれしも経験があるはずです。


男性の中では成功してきたのに

女性が何考えてるのかよくわかんない。


女性とは仲良くできるのに

男性には分かってもらえない。



せっかく好きな人と想いが通じ合ったのに

パートナーとしての関係構築が上手くできない

どうにも気持ちがすれ違ってしまう


こんなことはありませんか?

このような悩みを解決する

お手伝いをさせて頂きたいと思います。


男女の思考の違いを少し知るだけで

毎日の生活が少し楽しくなる

そんな「男女のパートナーシップ」について語ります。



がらすのまどを通して見える世界を

覗いてみてください

少し世界の見え方が変わるかもしれません
【スポンサードリンク】